アネモネの花言葉は怖い?赤や黒など色別で26の意味を完全網羅!!

コト助くん

アネモネってどんな花言葉があるのー?
全体的に「失恋」って印象かなぁ

コトハちゃん

コト助くん

へぇ〜、じゃあ他には?
せっかくだから今回は、アネモネの花言葉を見ていこうか。

コトハちゃん

 

花姿から、不思議な印象がある「アネモネ」の花言葉はコトハちゃんの言う通り、「失恋」の意味合いのものが多いです。

また、

「なぜ、失恋の意味が多いのか?」

これは花言葉の由来を見ていただけると、この謎が解けますよ!

 

というわけで今回は、アネモネ全体や色別の花言葉を26個や、その花言葉の由来などに付いて詳しく見ていきましょう!

アネモネの花言葉の意味は怖い?

アネモネの花言葉が怖いって聞くけど、どういった言葉が付けられてると思いますかー?

まぁ、結論を言えば「怖いより悲しい」という印象ですけどね〜。

さて、まずはアネモネ全体の花言葉から見ていきましょう!

アネモネ全体の花言葉は、

  • はかない恋
  • 恋の苦しみ
  • 見捨てられた
  • 見放された
  • 辛抱
  • 無邪気
  • 期待
  • 可能性
  • 清純無垢

となっています。

これがアネモネ全体の花言葉ですが、どうですかー?

怖い言葉というより、「見捨てられた・見放された、はかない恋」たどは、悲しくなってきますね〜。

つまり、考え方によっては怖いという訳です。

花言葉だけを見ると、アネモネって多くの人が経験したであろう、「失恋!」ってイメージの花です。

コト助くんはよく失恋してるから、アネモネをプレゼントするよ!

コトハちゃん

コト助くん

まぁ、否定できないけど…。でも、アネモネが好きになったのは僕だけだろうか。(共感)

また、「なぜ、この花言葉になったのか?」は、後半で花言葉の由来を紹介してるので、合わせて見ていって下さいね〜。

あと花言葉というのは、国々でも変わって西洋にも違った意味があるんですよ〜。

 

西洋での英語の花言葉

西洋でのアネモネの花言葉は、

  • イギリス…「病気・待望・消えた希望」
  • フランス…「清浄無垢・無邪気・辛抱」
  • anticipation(期待)
  • forsaken(見捨てられる、見放される)

です。

やっぱり、西洋の花言葉にも悲しい印象の言葉がチラホラ見受けられますね〜。

つまり、アネモネの花言葉は

「怖いより悲しい」

ってことになります。

でも、花は贈り物でも人気なので、怖い意味がない方が全然良いんですけどね。^ ^

さて、アネモネ全体の花言葉は大丈夫でしょうか?

実は、「アネモネは色によっても、見た目の印象も花言葉の意味も全然違う」ので、そちらも知っておくのがオススメです!

次は、アネモネの花言葉を色別で見ていこう

コトハちゃん

おすすめ記事

 

アネモネの花言葉を色別で!

アネモネの花びらの色は、 赤・紫・ピンク・白・青など様々です。

それぞれの特徴から花言葉が付いています。

例えば、「赤い花だったら情熱や愛」などが、付けられることが多いという傾向があります。

まぁ、この辺は植物の特徴で変わりますけどね。

さて、この辺をイメージしつつ「アネモネのこの色はどんな花言葉だろう?」って、考えながら見ていただけると楽しめると思いますよ〜。

まずは、赤いアネモネから見ていきましょう!

 

赤いアネモネの花言葉

赤は花言葉で「愛」などが定番ですが、赤いアネモネにはどういう意味があるのでしょう。

赤いアネモネの花言葉は

  • 君を愛す

です。

赤い花って、どの花でもやっぱり「愛」ってイメージがあるんですね!

確かに、赤い花をプレゼントされた人は、「私のこと好きだね〜」って考えるかもしれませんね。笑

では、次は不思議な魅力がある紫のアネモネをチェックしていこう

 

紫のアネモネの花言葉

 

紫のアネモネの花言葉は、

  • あなたを信じて待つ
  • 信じて従う
  • 悲しみ

です。

なんか、紫色って私の中では「信じるより裏切るってイメージ」だったので、この花言葉はちょっと意外でした。

ただ、遠距離になる恋人に送ると

「あなたを信じで待ってるね。」

みたいな感じになるので、結構アリかもしれませんよ〜。

次は、ピンク色のアネモネをチェックしていこう!

 

ピンクのアネモネの花言葉

 

ピンクのアネモネの花言葉は、

  • 待望
  • 待ち望む

です。

ピンクにしては、堅実な花言葉になってます。もう少し、「可愛らしい花言葉」が付けられてると思ってたけど、なんか堅い感じですね〜。

ちなみに、ピンクの花って赤と似ているので、「可愛らしさ・恋愛」に関する花言葉が、付いてる花が多いんですよー。

さて、次は白いアネモネの花言葉を見ていきましょう!

 

白いアネモネの花言葉

白いアネモネの花言葉は、

  • 真実
  • 真心
  • 期待
  • 希望

です。

※真心…飾り気や偽りのない心

白って、心理学的に「汚してはいけないと思う、気分を一新する」などの効果があるみたいですよ〜。

花言葉もどこかこの心理効果と似ている気がしますね。

また、花言葉を考えた人も、心のどこか無意識領域で心理効果の影響が、あったのかもしれません。^ ^

次は、青いアネモネの花言葉になります!

 

青いアネモネの花言葉

 

青いアネモネの花言葉は、

  • 堅い誓い

です。

この花言葉だと、「あなたが誰かと約束」した時に、この花を贈るのはオシャレじゃないですか?

言葉では返事せず、

「約束は守るぜ!^_−☆」

みたいな感じで!笑

どの花や花言葉もあなた次第で、面白い贈り物になりますよ〜。

でも、花って花言葉もそうだけど、異性に送ることが多いからね〜

コトハちゃん

コト助くん

だったら、さっきの約束の時に友達に送るのは面白いね!
少し謎解きチックだけどありかもね〜。

コトハちゃん

では、次はオレンジや黄色のアネモネを見ていきましょう!

 

オレンジ・黄色いアネモネの花言葉

オレンジなど黄色系のアネモネの花言葉は、今の所存在していないようです。

なので、この場合は初めに紹介したアネモネ全体の花言葉を、当てはめて考えればおけばOKですよ!

ちなみに、他の花だと黄色やオレンジって、「元気や嫉妬」などの花言葉が多いです。

なので、黄色いアネモネに花言葉を付けるとすれば、ここまでのを加味して「私以外は許さない」でしょうか。笑

これは「失恋+嫉妬」を足して見ました〜。

まぁ、これはあくまで創作なので「自分ならこうだ!」と、考えて面白いかと思いますよ。

さて、ここまでアネモネの花言葉を見てきました。

全体として失恋関係が目につきましたが、「なぜ、これらの花言葉が付けられたか?」気になりませんか?

なので次は、アネモネの花言葉の由来をチェックしていきましょう!

 

アネモネの花言葉の由来

  • はかない恋、見捨てられたなど

アネモネの花言葉には、失恋をさ連想させる花言葉が多くありましたよね。

これらには、共通して「アネモネの悲しい伝説」が由来だと言われています(詳しくは以下に記載)。

さて、どのような悲しい伝説が由来なのでしょうか?

◆アネモネの悲しい話


●登場人物

  1. 愛・美の女神「アフロディーテ」
  2. アフロディーテの息子「キューピット」
  3. 美少年「アドニス」

ある日、アフロディーテが息子と弓矢で遊んでいる時、キューピットの放った「愛の矢」がアフロディーテの胸に刺さってしまいました。

 

愛の矢…刺さると恋に落ちる効果(傷があるうちに、異性を見ると恋をする)

 

彼女は傷がまだ治ってない時に、アドニスを見かけて、アフロディーテはアドニスに恋をしてしまいました。

 

しかし、アドニスは狩ろうとしたイノシシに返り討ちにされ、死んでしまいます。

 

それを悲しんだアフロディーテは涙を流し、その涙がアネモネに姿を変えた。又は、血をアネモネに変えたと言われています。

以上が、アネモネに失恋を連想される花言葉が多い理由になります。

どうでしたかー?
なんかバッドエンドの様な、そうじゃない様なよく分からない神話が元になって、あの花言葉になったと言うわけです。
失恋と関係がない花言葉の由来としては、基本的には色と花のイメージから付けられたものがほとんどです。

それと由来となるのは、一般的に「神話・逸話or見た目or植物の特徴(毒など)」が元になって、花言葉が付けられることが多いと感じます。

だから、花言葉を知るとその花についても、結構詳しくなれることが多いんですよ。

 

まとめ

コト助くん

さっそく、アネモネの花言葉について復習していこう!

まとめ

  1. はかない恋
  2. 恋の苦しみ
  3. 見捨てられた
  4. 見放された
  5. 辛抱
  6. 無邪気
  7. 期待
  8. 可能性
  9. 清純無垢
  10. イギリス…「病気・待望・消えた希望」
  11. フランス…「清浄無垢・無邪気・辛抱」
  12. anticipation(期待)
  13. forsaken(見捨てられる、見放される)

 

まとめ

  1. 赤いアネモネ:君を愛す
  2. 紫のアネモネ:あなたを信じて待つ・信じて従う・悲しみ
  3. ピンクのアネモネ:待望・待ち望む
  4. 白いアネモネ:真実・真心・期待・希望
  5. 青いアネモネ:堅い誓い

コト助くん

花言葉って、色で雰囲気が変わって面白いね!
他の花もそうだけど、真逆の意味になったりする事もあるよ〜

コトハちゃん