アスパラガスの花言葉を6つ紹介!個性豊かな由来も合わせてチェック!!

コト助くん

野菜にもいろんな花言葉がついてるけど、アスパラガスにも有るの?
うん!
6つも花言葉が付けられてるんだよ!

コトハちゃん

コト助くん

へぇ、アスパラって花の印象が無いのにそんなに有るんだ!
せっかくだし今日は、アスパラガスの花言葉を見ていきましょう!

コトハちゃん

 

そもそも

「アスパラガスって花あるのかよ!」

と思った方も多いですよね。

実は、アスパラガスってユリの仲間なので、小さな百合って感じの花を咲かせます。

まぁ、そんな訳でちゃんと花言葉もあるという訳。

 

というわけで今回は、アスパラガスの花言葉とその由来についてまとめているので、気になった方は一緒に見ていきましょう!

アスパラガスの花言葉

アスパラガス

アスパラガス

では、さっそくアスパラガスにつけられた7つの花言葉を一緒に見ていきましょう!

アスパラガスの花言葉は、

  • 何も変わらない
  • 普遍
  • 無変化
  • 私が勝つ
  • 敵を除く
  • 耐える恋

です。

この6つがアスパラガスの花言葉となっています。

「何も変わらない・無変化・不変」や「耐える恋」なんかは、アスパラガスの上にピンっと立ってる感じとピッタリな感じがしますよね。

 

ただ、「私が勝つ」や「敵を除く」のような戦いを思わせる言葉は少し違和感があったりしませんか?

これは、この後の章で紹介しているアスパラガスの花言葉の由来を知ると少し納得できると思いますよ!

 

まぁ、冒頭で触れた通りアスパラガスはユリの仲間なので、そう考えると先程の花言葉は誰も似合わないかも…。

コト助くん

確かに、百合の仲間っぽくはなかったね!
まぁ、〇〇科の仲間だから花言葉も同じとは限らないからね〜。笑

コトハちゃん




続きを読む

アスパラガスの花言葉の由来

何も変わらない・普遍・無変化

この花言葉がつけられた理由は、私たちが普段食べているアスパラガスの状態が関係しています。

普段、スーパーで売られているアスパラガスは、土から伸びてきた若い茎を収穫したものなんですよ。

この若い茎は、そのまま放置していくと日に日に成長して、竹のように青々した植物にまだなるんです。

 

つまり、その成長したアスパラがずっと青々としている事が「何も変わらない、普遍、無変化」という花言葉の由来になったわけです。

私が勝つ・敵を除く

アスパラガスが成長すると、枝は松葉のように細かく分かれていきます。

この細かく分かれたのは、枝に見えるが偽葉(ぎよう)と呼ばれる極細の茎だったりします。

実は、その見た目が「トゲ」のようなんですよ。

このトゲっぽい見た目が、攻撃的に見えることから「私が勝つ、敵を除く」という花言葉の由来となった。


まとめ

最後に、アスパラガスの花言葉をおさらいしていきましょう!

コトハちゃん

アスパラガスの花言葉

  1. 何も変わらない
  2. 普遍
  3. 無変化
  4. 私が勝つ
  5. 敵を除く
  6. 耐える恋

ここまで見てきたアスパラガスの花言葉の中に、あなたが気に入った花言葉はありましたか?

次にアスパラガスを食べるときに、今回の花言葉を思い出して話のタネにして頂けると嬉しいです!