若者・カタカナ言葉は『言葉マップ』

あやめ(菖蒲)の花言葉は怖い?白や紫の色別で意味が違う!?

あやめの花言葉を色別に!

白いあやめの花言葉


さて、先ほどの写真とはガラッと印象が変わる白いアヤメ、一体どんな花言葉が付いているのでしょうか!

白いアヤメの花言葉は、

  • 純粋
  • 優しさ
  • 神秘的

です。

神秘的は全体の花言葉と被ってるけど、確かに白には白の神秘っぽさ?がありますね。

純粋、優しさ」の2つは、実は「白い花の花言葉では定番として付いてることが多いんですよ。

まぁ、男女共に白い服の人は純粋や優しいという印象を与えるので、白い花につけるのも納得ですよね!

では、もう1つの紫色のアヤメの花言葉を見ていきましょう!

 

紫色のあやめの花言葉

紫色のアヤメの花言葉は、最初に紹介した全体の花言葉を当てはめることが多いみたいです。

確かに、アヤメ=紫というイメージの人も多いので、個別につけられなかったのかもしれません。

なので、紫色のアヤメを贈る時は「よい便り」などでオーケー!

さて、ここまでがアヤメの花言葉になっています。

アヤメにはアイリス、杜若(カキツバタ)、花菖蒲(ハナショウブ)など、見た目が似ている花があります。

ほとんど同じ種類だけど厳密には違い、花言葉も違うものが付けられています。

日本のことわざで「どっちも美しいから比べられない」という意味の「いずれアヤメかカキツバタ」って有名な言葉も残されていますからね。

※全てアヤメ科アヤメ属だけど細かくは違う。

※アイリスは学名だけどど、日本では〇〇アイリスの種類を指すことも多い。

 

さて、ここまでアヤメの花言葉は全てお伝えしました。

でも、

「どうしてその意味が付けられたのか?」

これは日本と西洋の2つの物語が由来だと言われています。

それぞれ同じ花の話なのに全然違うストーリーなので、是非見ていってください!

↓次のページ↓

1 2 3 4