若者・カタカナ言葉は『言葉マップ』

あやめ(菖蒲)の花言葉は怖い?白や紫の色別で意味が違う!?

あやめの花言葉の由来


アヤメの花言葉の由来とされる物語は、女神イリスのお話です。

先ほどアヤメの別名がアイリス(学名Iris)とされるとチラッとお伝えしました。

言われてみれば名前が似ていますね。

女神イリスは伝令役だったので「メッセージ、よい便り、朗報」などの花言葉が生まれたようです。

でも、なぜ花にイリスになったのかは、ゼウスに言い寄られて困ったイリスが、ゼウスの奥さんであるヘラに頼んだんです。

そして逃げるために虹になった時に、溢れた神酒アヤメが一緒に生まれたそうです。

だから、Irisになったそうですね。※この時に生まれた花がアガパンサス(通称:愛の花)だという話もあります。

アガパンサスの花言葉!別名愛の花は何かとスゴい!?

花にはそれぞれ逸話などが残ってるので、それも花言葉に合わせて知る事で「意味を忘れにくくなるかなぁ」って思います!

また、和名では文目(あやめ)と表記することもあるのでココにも花言葉が現れていますよ。

まとめ

コト助くん

さっそく、アヤメの花言葉についておさらいしていきましょう!

まとめ

  1. よい便り
  2. メッセージ
  3. 希望
  4. 朗報
  5. 消息
  6. 神秘的
  7. 優雅さ
  8. あなたを大事にします。
  9. 天の使い
  10. 信じるものは救われる
  11. message(伝言、メッセージ)
  12. hope(希望)
  13. faith(信頼)
  14. friendship(友情)
  15. wisdom(知恵、賢さ)
  16. 白いアヤメ:純粋・優しさ・神秘的
  17. 由来:神々の伝令イリスが神酒で虹になった時の一雫がアイリス(アヤメ)になったので、メッセージなどの言葉が付けられた。



アヤメの花言葉や由来から考えて、何か伝えたいメッセージと一緒に贈るなんてアリかもしれませんね。

1 2 3 4