母の日の花言葉ベスト16!カーネーション以外もオススメ!!

3.バラは色や本数では母に日に有り!


バラといえば恋人やお嫁さんに贈るのが定番となっていますが、女性である母親に贈られるのも増えているんですよ〜。

さて、バラには母の日に合うどんな花言葉があるのでしょうか?

バラの花言葉は、

  • 赤…愛
  • ピンク…感謝
  • 紫…尊敬
  • オレンジ…絆、信頼

バラの中で母の日に向いてるのは、以上の4つとなっています!

でも、バラは本数によっても意味が変わって、親に贈るのに最適な本数は11本なんですよ。意味は「最愛、感謝の気持ちを込めて」の2つ。

 

いつも家の事や相談にも乗ってくれるお母さんに、この意味を込めて贈ってみるのも良いですね〜。^ ^

でも、バラにも贈らない方が良い色があったりします。

◆贈らない方が良い色

バラの中で贈らない方がいいのは、黄色のバラになります。

黄色に含まれる意味は「嫉妬」や「愛情の薄らぎ」などがあるので、贈るのは避けた方がいいでしょう。

女性に好きな人が多い、ピンクや赤で包んで貰うのがオススメですね!

 

では、次はフラワーギフトでも喜ばれる「胡蝶蘭」を見ていきましょう!

 

4.胡蝶蘭(コチョウラン)で去年と違う雰囲気を!

フラワーギフトとしても人気な胡蝶蘭は、母の日に贈ってみるのはいかがでしょう!

では、胡蝶蘭にはどん花言葉があるのでしょうか?

胡蝶蘭の花言葉は、

  • 幸福が飛んでくる

になります。

この花言葉は、花びらが町に似ている特徴から、「ひらひら〜っと、幸せが舞い込んでくる」と連想されたからです。

この花言葉は胡蝶蘭全体の花言葉なので、お母さんの好きな色を選んでみるのが、いいかもしれませんね!

次は、老若男女が大好きなチューリップです!

 

5.チューリップで心温まる!

チューリップ

チューリップ

小学校の頃に育てたことがある方も多い、チューリップも母の日いいんですよ〜。

さっそく、花言葉をチェックしていきましょう!

チューリップの花言葉は、

  • 優しさ
  • 思いやり

が色が関係のない全体の花言葉になります。

他にもたくさんありますが、この2つが母の日にはいいんじゃないでしょうか。

この2つの言葉って母親そのものだと感じる方も多い、なので「いつも優しく思いやってくれてありがとう!」と込めた花束を贈ってみらのがいいんじゃないかな。

 

コト助くん

昔、チューリップを育てたことがあるなら、思い出話もできそうだし!
普段話さない思い出話のきっかけになるかもね。

コトハちゃん

そうだね!

その時、ここまで大きく育ててくれた事の感謝も、伝えやすいかもしれませんし。

関連記事


次は、マーガレットの花言葉を見ていきましょう!


↓次のページ↓

 

1 2 3 4 5 6 7