若者・カタカナ言葉は『言葉マップ』

彼岸花の花言葉が怖い?白や赤など色別の意味が全く違った!?

彼岸花の花言葉の由来

悲しい思い出・追想・諦め

これらは、彼岸花がお墓に多く植えられていることが由来だと言われています。

お墓参りに行くと墓地になるまで人との、

  • 亡くなった日の悲しい思い出
  • 過去の思い出を思い出す=追想
  • でも、亡くなったので諦めないといけない。

など様々な思いが込められた花言葉なのかもしれませんね。

 

また会う日を楽しみに・再会

これも、墓地には彼岸花が植えられていることと、お墓参りの時に花を目にすることが由来
お墓参りの時に、目にするので自然とそう思われるようになったのかもしれませんね。

  • お墓に眠る人と再会
  • いつか自分が死んだらそちらの世界に行くよ。=「また会う日を楽しみに」
  • 「また、お墓参りしにくるからね!」という意味でも、この花言葉は捉えられますよね

 

情熱・元気な心・陽気・思うはあなた一人

それぞれ、彼岸花の色を表した花言葉だといえますね。

  • 赤=情熱
  • 黄色=元気、陽気
  • 白=思うはあなた一人(純粋、一途)

と結構安直だけど、色をちゃんとさした言葉になってますよね!

白の「思うはあなた一人」に関しては、恋愛で一途と捉えることもできるけど、亡くなった方への思いとも考えられますね。

この辺りは、あなたの捉えたいように考えるのが良いかもしれません。

私の場合は、恋愛で一途と考えらようにしています。(その方が純白ってイメージなので〜。)

 

さて、冒頭では彼岸花の怖い別名を紹介しましたよね?

でも、彼岸花には他にもたくさん別名があって、結構奥深い名前も多いんですよ!

せっかくなので次は、彼岸花の別名一覧を見ていきましょう!

↓次のページ↓

1 2 3 4 5 6