若者・カタカナ言葉は『言葉マップ』

鬼灯の花言葉が怖い!実は日本では結構歴史深い花だった!?

鬼灯の花言葉


鬼灯(ほおずき)って、名前からして「鬼(おに)の灯(ともり)」と怖そうな印象です。

一体どんな花言葉なのでしょうか。

まずは、比較的に良い意味からチェックしていきましょう!

鬼灯の良い花言葉は、

  • 心の平安
  • 不思議
  • 自然美
  • 私を誘ってください

となっています。

「あれ?そんな良い意味じゃないね!」

と思ったかもしれません。

まぁ、このサイトでも花言葉を色々書いていたので、他の花に比べると良い意味とは言えないんですよ。

 

なので、あくまで悪い意味と比較しての話で、それほど鬼灯の花言葉は、悪い意味が多いというわけです。

さて、以上が鬼灯の花言葉の中で比較的に良い意味になります。

冒頭でもお伝えした通り、鬼灯には「悪い・怖い意味の花言葉」が多くあるんですよ。

なので次は、鬼灯の怖い花言葉を一緒に見ていきましょう!

 

鬼灯の怖い花言葉って?

鬼灯の怖い花言葉は、

  • 偽り
  • ごまかし
  • 欺瞞(ぎまん)
  • 半信半疑
  • 偽りの恋
  • 浮気
  • 不貞

※欺瞞…人の目を騙して、あざむく事

どうですかー?

鬼という名前が入ってるから、もっと凶悪な花言葉と思った人もいるかと思いますが、詐欺師って感じですね。

または、チャラ男って言ってもアリかもです。笑


ちなみに、西洋での花言葉は英語では、

  • deception(ごまかし)

という花言葉になります。

海外でも鬼灯には、ウソの花ってイメージがあるみたいですね〜。

コト助くん

僕みたいな花言葉だね!笑
あ〜、モテる男っていうウソをついてるからね〜。

コトハちゃん

コト助くん

どうしてバレたんだ…

花言葉ってロマンチックだったり、素敵な言葉が多い印象ですよね。

でも、鬼灯の花言葉は「詐欺師や狼少年」のような、ウソを表される言葉が付けられていました。

 

しかし、「何故、こんな悪い意味になったか?」って気になりませんか?

せっかくなので次は、鬼灯の花言葉の由来を詳しく掘り下げでいきたいと思います。

↓次のページ↓

1 2 3 4