若者・カタカナ言葉は『言葉マップ』

楓の花言葉の意味が怖い?名前の由来や紅葉(モミジ)との違い!!

楓の花言葉の意味が怖い?

楓の花

楓の花

楓の花言葉の意味が怖いと言われているけど、一体どのくらい怖いのでしょうか?

楓の花言葉は、

  • 調和
  • 美しい変化
  • 大切な思い出
  • 遠慮
  • 節制・自制

英語での花言葉は、

  • reserve(蓄え、遠慮)

となっています。

んー、良い言葉ばかりだけど気になってた怖い意味ってありませんよね。

実はこれって花言葉が怖いわけじゃなくて、ある歌の歌詞が実は怖かったみたいな話があってそこから、

「楓の花言葉が怖い」

という噂が流れたと言われています。

 

で!その歌というのが「スピッツの楓」です。

歌詞はこちら⇒楓の歌詞

さて、楓の花言葉は怖くはありませんでした。

次は、なぜこの花言葉がつけられたのか?一緒に見ていきましょう!

楓の花言葉の由来

楓の花言葉は、秋になると葉っぱが紅葉することから、付けられたものが多いいんです。

例えば、

「美しい思い出」と「美しい変化」

などが紅葉する様子からきています。

 

また、「調和」も周りの楓が紅葉していく様子を見て、他の楓がそれに合わせるかのように紅葉していくからです。

 

楓(カエデ)と見た目や名前が似ている品種があって、「紅葉葉楓(モミジバフウ)」というがあるんです。

実は、この紅葉葉楓にも花言葉があって、見習いたい意味なんですよ!

せっかくなので次は、紅葉葉楓の花言葉も一緒にチェックしておきましょう!

↓次のページ↓

1 2 3 4