若者・カタカナ言葉は『言葉マップ』

菊の花言葉を色別に!赤や黄色、紫など24個の意味とは!?

菊の花が葬式に置いてある理由

正式には決まっていないけど、菊は日本の国花として親しまれ、天皇家の家紋としても有名です。

でも、なんでそんな花が葬式に使われることが多いのでしょうか?

実は、これには日本の時代の移り変わりが大きく関係しています。

◆菊と葬祭の関係とは?

鎌倉時代に後鳥羽上皇が菊が好きで、自分のことを示す印として菊を愛用する様になりました。

その後、天皇家の家紋となります。

でも、天皇家の家紋なのに昔から葬式に使うなんて変だと思いますよね?

その疑問のとおり、昔は墓や葬式には使われて無かったんです。

しかし、時代が過ぎていくうち西洋文化が入って、仏壇やお墓に置かれる様になったと言われています。

というのも、西洋では「菊は墓の前に置く花」と言うのが一般的だったと言うわけです。

西洋の文化である「白い菊を棺や墓前に供える」という風習が、アジアに広まって現在の様にお葬式にも使用する様になりました。

だから、お見舞いの時に菊を持っていくのは縁起が悪くNGとなりました。

でも、先ほど花言葉で紹介したピンポンマム(ピンポン菊)など品種改良されて、可愛らしい種類は結婚式のブーケにも使われています。

冠婚葬祭のどれでも活躍する、花の中のオールラウンダーだね!

コトハちゃん

まぁ、本来の菊に対する日本の考え方は、縁起が悪いわけでないので不思議ではないですね。

 

まとめ

コト助くん

さっそく、菊の花言葉を一緒におさらいして行こう!
まとめ

  • 高貴
  • 高潔
  • 高尚
  • cheerfulness(上機嫌、元気)
  • You’re a wonderfulfriend(あなたはとても素晴らしい友達)

色・種類別の花言葉

  1. 赤い菊「あなたを愛しています」「愛情」「I love you」
  2. 黄色い菊「破れた愛」「slighted love(軽じられた恋)」
  3. 紫の菊「私を信頼してください」「恋の勝利」
  4. 白い菊「真実」「慕う」「誠実な心」「(truth)」
  5. ピンクの菊「甘い夢」
  6. スプレー菊「あなたを愛します」
  7. ンポンマム(ピンポン菊)「君を愛す」「真実」「高貴」「私を信じて」
  8. 小菊「純情」「元気」
  9. 寒菊 「けなげな姿」「真の強さ」

菊の花言葉はいかがでしたか?

素敵な言葉が多くて、何で葬式で置いてあるのか正直疑問でしたよね。

でも、それにもちゃんと時代背景に理由がありました。花一つとって見てもなかなか奥深いと思いますよね。

1 2 3 4 5 6