桔梗の花言葉が怖い?紫・白・青など色別の意味も徹底解説!!

桔梗の花言葉の由来

桔梗の花言葉の「永遠の愛」や「誠実」のは、ちょっと切ない逸話が元になっています。

この逸話は、恋人のことを一生涯待ち続けた女性の話です。

この恋人を待ち続けた女性の象徴とされるのが「桔梗」と言うわけなんですよ。

これが「永遠の愛」や「誠実」の由来です。

 

ねぇ、桔梗が家紋に使われてるって冒頭でしてたよね?

コトハちゃん

コト助くん

うん、話してたけど誰の家紋なの?

それはですね。

めちゃくちゃ有名人の家紋だったんですよ!

じゃあ、次は桔梗の豆知識をいくつか見ていこう。

コトハちゃん

 

桔梗の豆知識!

先ほどまでは、桔梗の花言葉を見てきましたよね。

ここからは知っておきたい豆知識をいくつか紹介していきます!

1つ目

桔梗は絶滅危惧種II類に指定されています。

絶滅危惧種II類というのは、「絶滅の危険が増えている種類」な事。

つまり、桔梗の数が年々減ってしまって我々が見る機会が、減っていく可能性が高いという事ですね。

桔梗が見れなくなるのは日本人として寂しいよね〜

コトハちゃん

次は2つ目

冒頭で桔梗を家紋にしている人がいるとお伝えしましたよね。

実は、桔梗が家紋の人たちは結構有名な偉人なんですよ!

それは、

  • 明智光秀
  • 坂本龍馬

の両家の家紋になっています。
坂本竜馬の像
どうですか?

めちゃくちゃ凄くないですか?

本能寺の変の明智光秀と明治への橋渡しをした坂本龍馬の家の家紋が桔梗。これは坂本家に明智家の血が入ってる事が由来だと言います。

 

桔梗は秋の七草?

万葉集で、貴族で歌人の山上憶良(やまのうえ の おくら)が詠んだ以下のものが、秋の七草とされています。

秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花
萩の花 尾花 葛花 瞿麦(なでしこ)の花 姫部志(をみなへし) また藤袴 朝貌の花

この中の「朝貌の花」が、朝顔や昼顔などや桔梗だと言われていますが、桔梗が有力だと言われています。

つまり秋の七草は、

  • 女郎花(オミナエシ)
  • 尾花(オバナ ※ススキ)
  • 桔梗(キキョウ)
  • 撫子(ナデシコ)
  • 藤袴(フジバカマ)
  • 葛(クズ)
  • 萩(ハギ)

となっているというわけですね。

 

さて、ここまで桔梗の花言葉や豆知識を見てきました。

コト助くん

最後に、今回の内容をおさらいしていきましょうか!

↓次のページ↓

 

1 2 3 4 5