若者・カタカナ言葉は『言葉マップ』

撫子(なでしこ)の花言葉の意味が怖い?ピンクや赤など色別で8つ紹介

なでしこの花言葉を色別に!

ピンク色のなでしこ花言葉

ピンク色の撫子の花

ピンク色の撫子の花

ピンク色の撫子の花言葉は、

  • 純粋な愛(pure love)

です。

撫子全体の花言葉にもあった「純愛」とは違うのか?といえば同じ意味。

ただ、写真のようなピンク色の撫子に、「純粋な愛」という言葉はピッタリだと言えるでしょう。

また、次の赤い撫子はより情熱的な愛を表した花言葉だったりしますよ。

 

赤い撫子の花言葉

赤い撫子の花

赤い撫子の花

赤い撫子の花言葉は、

  • 純粋で燃えるような愛(pure and ardent love)

です。

なんだか色が濃くなると、撫子の花言葉は情熱的な言葉になっていきますね。

 

白い撫子の花言葉

白い撫子の花言葉は、

  • 器用(ingeniousness)
  • 才能(talent)

です。

ここまでの花言葉とは全然雰囲気が違って、恋愛ではなくて現実的な言葉になりましたね。

ただ、どちらの花言葉も自分に欲しい能力だと思ってしまいます。

コト助くん

僕、今日から白い撫子でも育てようかな?
「僕、不器用ですから」ってことかな?

コトハちゃん

コト助くん

まぁ、才能も欲しいけどね!笑

 

さて次からは、撫子の花言葉の由来を見ていきましょう!

↓次のページ↓

1 2 3 4