菜の花の花言葉と由来!実はあの野菜も同じ種類だった!?

菜の花とは?意外と知らない基礎知識!

葉の花の葉っぱ

菜の花の葉っぱ

菜の花って言えば、春に咲く黄色い花のことだと思っていませんか?

実は、これって少し違うんですよ。

菜の花というのはアブラナ科アブラナ属の黄色い花の総称。

 

つまり、一つの種類を指す言葉じゃないんです。

例えば、「チンゲンサイ」「白菜」なども菜の花の一種という事なんですよ!

他にも、色々な野菜が菜の花の仲間。

これって意外と知りませんでしたよね。

 

では、この菜の花にはどのような種類があるのでしょう。

◆菜の花の種類
役割によって大きく分けると3種類になります。

  • 食用
  • 菜種油用
  • 観賞用

です。

菜種油(なたねあぶら)って、菜の花が材料だったんですね。

菜の花って細かく言うと種類がめちゃくちゃ多いんですよ!

たしか、ブロッコリーとかアスパラガスも仲間だったとか。

 

まぁ、主に菜の花と言われているのは皆さんが知っているものなんですけどねー。^ ^

菜の花は奥が深いです。


まとめ

じゃあ、さっそくポイントをおさらいしていきましょう!

コトハちゃん

まとめ

  1. 快活な愛
  2. 競争
  3. 小さな幸せ
  4. 快活
  5. 活発
  6. るさ
  7. 元気いっぱい
  8. 豊かさ、財産
  9. 由来:「春になると元気に咲いてる姿が、また人達を明るくすること」

菜の花について意外と知らないことが、多かったんじゃないでしょうか。

春になると食べる方も多いと思うし、菜の花の中の一種は確実に食べまよね。

その時にでも、今回お伝えした内容を思い出していただければ幸いです!

1 2 3