若者・カタカナ言葉は『言葉マップ』

リンドウの花言葉は怖い?敬老の日でに贈られる2つ理由!!

リンドウの花言葉の由来

  • 悲しんでいるあなたを愛する・寂しい愛情

この花言葉は、リンドウの咲き方が由来だとされています。

花は周りにも同じ種類の花が群生していることが多いけど、リンドウは一本ずつ咲く等特徴があります。

また、リンドウには青白い種類があるので、悲しみをより際立たせたのでしょう。

  • 誠実・貞節

リンドウって上を向いて咲く花なんですが、雨や曇りだったりすると、花は閉じてしまう特徴があるんですよ。

この事から「太陽の方だけ見ている・向いている」のように考えられて、この言葉になったと考えられます。

たしかに、真面目で約束とか守ってくれそうですね!


  • 正義感・勝利

これはリンドウの根っこが薬用に使われていることが由来。

薬って、「病気に勝利(治る)」というイメージがあるから、この花言葉はピッタリですよね!

また、リンドウの花が上を見上げる姿が、自信の表れと感じたのかもしれません。


以上が花言葉の由来となっています。

 

さて、ここまでリンドウについて色々と見てきました。

しかし、見ていても「敬老の日と関係無い」って、思われたんじゃないでしょうか?

次では、敬老の日に贈られる2つの理由を詳しく見ていきましょう!

 

リンドウが敬老の日に贈られる理由

ここまでリンドウの花言葉を見てきましたが、敬老の日と関係アリそうな事はありませんでしたね〜。
おじいさんと猫のイラスト
では、なんでリンドウが敬老の日に贈られるのか?

それは、

  • 紫のリンドウが高貴な印象
  • リンドウ根が漢方として使われる

という2つの理由があります。

と言われても、この理由だけじゃまだちょっと具体性に欠けますね。

紫色が高貴な色ということに関しては、歴史の授業でも出てきた「冠位十二階の最高位の色」という理由。

いわゆる尊敬や敬意ある色ってことですね。

なので、目上の方に贈るのにぴったりだと考えられたんじゃ無いでしょうか。


2つ目の理由に関しては、

漢方としても使われるので、「長生きして欲しいという願い」が込められたと、考えて贈る人が多いみたいです。

以上の事が、敬老の日にリンドウを贈る人が多い理由だと考えられます。

コト助くん

なるほど、花言葉というよりか「紫色と漢方」の2つの思いがあるんだね!
まぁ、探せば他の花でも当てはまりそうだけどね!笑

コトハちゃん

 

リンドウの中でも人気なのは、紫ともう1つあって「白寿」という種類のものです。

縁起や見た目も素敵な藩主となっているので、贈るなれ白寿が一番おすすめと思いますよ〜。

せっかくなので次は、「白寿」について見ていきましょう!

リンドウと白寿(99歳)の関係

 

白寿といえば、99歳を指す言葉として有名ですよね。

リンドウにも、その「白寿(はくじゅ)」という名前を持っている種類が存在しているんですよ。

99歳は長寿なので縁起が良いということで、敬老の日に人気なのだそうです。

ちなみに、白寿って99歳。
由来としては、「100(百)-1(一)=99(白)」というふうに、百という字から上の横棒(一)を引いているんですよ!
なので、99歳を白寿と付けられているんです。

コト助くん

へぇ~、白寿ってそうやって出来た言葉なんだ!
そうだよ!他にも米寿は八十八=米って感じもあるよ。

コトハちゃん

コト助くん

考えた人すごいね!

まぁ、思いつきそうだけど、思いつか無いだろうからね~

コトハちゃん


↓次のページ↓

1 2 3 4 5