ソメイヨシノの花言葉はごまかし?花見前に2つの意味をチェック

ソメイヨシノの名前の由来!

ソメイヨシノ

ソメイヨシノ

ソメイヨシノが誕生したのは、江戸時代末期〜明治初期に染井村の植木職人が品種改良で作られました。
※染井村は現在の東京都豊島区駒込あたり

作られた当時は、吉野山の桜が有名だからと名前にちなんで「吉野桜(ヨシノザクラ)」と呼ばれていました。

しかし、吉野山の桜とソメイヨシノは違う種類であることや、染井村が起源であることから。

 

1990年に東京帝室博物館の藤野寄命が「染井吉野」と名付けました。

吉野山の桜と区別するために、染井吉野と付けたもの言われているよ。

コトハちゃん

コト助くん

たしかに、染井と吉野の両方名前に入ってるから区別できるね!
豆知識

ソメイヨシノをアメリカに贈った、お返しにハナミズキが返礼で送られたことによって、ハナミズキには「返礼」という花言葉がつけられていたりします。

 

関連記事 ハナミズキの花言葉の意味が怖い?ピンクや白の色別もチェック!!

ピンク色をしたハナミズキハナミズキの花言葉の意味が怖い?ピンクや白の色別もチェック!!


あなたはソメイヨシノがクローンだった!という話聞いたことはないでしょうか?

日本で最も多く植えられているのに、クローンの桜ってどういうことなのでしょう。

んー、どういうことなのか気になりますね。

じゃあ、ソメイヨシノがクローンってどゆことなのか見ていきましょう。

コトハちゃん

 

ソメイヨシノはクローンだった?

ソメイヨシノは最もポピュラーな桜の品種で、日本の桜の約80%をしめるとも言われています。

このソメイヨシノがクローンというのはどういうことなんでしょうか。

これには、ソメイヨシノの繁殖が大きく関わってきます。

 

ソメイヨシノという品種は、自然に種をつけて繁殖が出来にくいので、人の手を介して繁殖させているようです。

このように人が増やしていることから「クローン桜」と呼ばれることがあるようです。

コト助くん

人が増やした桜だからクローンだ言われてるんだね!

クローンって聞くとすごく特殊なことをしてると思ってたけど、繁殖を手伝っているという事なんですね。

でも、日本の桜の約80%がソメイヨシノで、それを人が増やしたって考えると、めちゃくちゃ頑張ってますよね。(笑)


まとめ

さて、ソメイヨシノの花言葉などをおさらいしていきましょう!

コトハちゃん

花言葉と由来

  1. 純潔
  2. 優れた美人
  3. 由来:一本だけ満開でも優れた美を持っていることから、これを女性に例えられて付けられました。

名前の由来

  1. 染井村が起源で、吉野山の桜と区別するために「染井吉野」とつけられた。
  2. 染井吉野は自然に繁殖するのが難しいので、人が繁殖させて増やすことから「クローン桜」と呼ばれることもある。


ソメイヨシノの花言葉と豆知識など見てきましたが、いかがでしたか?

日本に植えられている桜の約80%が、染井吉野って驚きですよね。

花見で見てる桜はほとんどって事ですから。

コト助くん

気になって、近所の桜見たら「染井吉野」って書いてあったよ!
1 2 3