若者・カタカナ言葉は『言葉マップ』

唐辛子(トウガラシ)の花言葉と由来!理由は辛いからだけじゃない!?

唐辛子(トウガラシ)の花言葉

唐辛子の写真

赤と緑の唐辛子

辛くて刺激的な香辛料「唐辛子」につけられた、ピッタリな花言葉を早速チェック!

唐辛子の花言葉は、

  • 旧友
  • 雅味
  • 嫉妬
  • 生命力
  • 辛辣
  • 悪夢が覚めた

という意味があります。

雅味:風流な味わい。上品な趣

うん!

とても唐辛子にお似合いの意味がつけられている!

と思ったんじゃないでしょうか。


また、同じトウガラシ属のピーマンの花言葉は、先程の4つの意味とは全然関係なく「海の恵み」などの海の幸っぽい花言葉が二つ付けられているんよ。

もし、ピーマンの花言葉が気になった方は、なぜ海関係なのか?由来も紹介しているので、以下や記事も合わせてみてください!


コト助くん

ぴったりな花言葉だったけど、「旧友・嫉妬」ってなんで付けられたの?
たしかに、そこはきになるよね!だから次の章では、唐辛子の花言葉の由来を見ていこうか!

コトハちゃん

唐辛子の花言葉の由来は辛いからじゃない!

先程紹介した花言葉は、「旧友、雅味、嫉妬、生命力、辛辣、悪夢が覚めた」の6つでしたよね。

この中で由来がわかっているのは、

  • 嫉妬
  • 旧友

の2つ。

というわけで、唐辛子の花言葉の由来を見ていきましょう!


嫉妬

この花言葉は、唐辛子の変化していく様子が由来。

唐辛子って始めは緑色をしている果実が、だんだんと赤くなっていきますよね?

その様子が、段々怒っていく様に見える事が「嫉妬」という意味になったというわけです。

例えるなら、浮気がバレて顔が真っ赤にして怒ってる様子って感じ♪

コトハちゃん


旧友

この花言葉は単純で、大昔から香辛料として使われていたので、親しみを込めて「旧友」という花言葉の由来になりました。

コト助くん

昔から、料理のアクセントとして親しまれた「料理の友」って事だね!

まとめ

最後に、唐辛子の花言葉をおさらいしていきましょう!

コトハちゃん

唐辛子の花言葉

  1. 旧友
  2. 雅味
  3. 嫉妬
  4. 生命力
  5. 辛辣
  6. 悪夢が覚めた
  7. 嫉妬の由来:果実が緑から赤に変化する様子=怒っていく様子に見えたから。
  8. 旧友の由来:昔から香辛料として親しまれているから。

ここまで見てきた唐辛子の花言葉の中に、あなたが気に入った花言葉はありましたか?

もし、唐辛子が入った激辛料理を食べるときにでも思い出してください!

1 2