若者・カタカナ言葉は『言葉マップ』

杏の花言葉の意味4つ!名前の由来や別名なども徹底解説!!

杏の花言葉の意味を4つ!

杏の花

杏の花

では、さっそく杏の花言葉を紹介していきますね~。

杏(アンズ)の花言葉は、

  • 臆病な愛
  • 乙女のはにかみ・乙女の恥じらい
  • 早すぎた恋
  • 疑惑・疑い

になります。

これが杏を示す花言葉になってます。しかし、「疑惑」に関してだけは、花に対して言葉ではないんですよ。

疑惑のみ「杏の実」に当てられた花言葉。

コト助くん

それって花言葉って言うの?笑

まあ、細かく言うと花言葉とは言えないけど、実も花が無いと出来ないから同じじゃないかな〜。

また、西洋にも英語の花言葉があります。

英語での花言葉は、

  • timid love(臆病な愛)
  • doubt(疑い)
  • distrust(疑惑)

です。

同じ意味の言葉でも、英語にするとかっこよく見えてしまいますね。

以上が杏の花言葉になります。

でも、なぜ杏に先ほどの4つの花言葉が付いたのか分かりますかー?

せっかくだから次は、杏の花言葉も由来も一緒にチェックしていこう。

コトハちゃん

杏の花言葉の由来

花言葉の由来って花によって、すごく悲しい話があったりします。でも、杏の場合は全て花姿からイメージさせて、花言葉が付けられています。

では、さっそく紹介していくので、杏を思い浮か予想しながら見ていってください!

  • 「乙女のはにかみ、恥じらい」と「早すぎた恋」

この花言葉は、杏の咲く時期が由来になっています。

杏が桜より一足早く咲き、その姿がはにかんで咲くように見えたことから来ています。

また、「乙女の恥じらい」も桜より早く咲いて、乙女が恥ずかしがった姿を重ねて付けられたようです。

鳥と杏の写真

鳥と杏の写真

  • 疑惑・疑い

この花言葉は、中国にある故事が由来と言われています。

元となったのが

「李下に冠を正さず」

という故事。

これは杏のことではなく、本当は季(スモモ)ですよね。

この故事の意味としては、

「木下で冠を直してると、木の実を取ろうとしてると疑われるよ?だから、やめときな!」

という意味。

これはスモモのことだけど、混同して杏の花言葉に「疑惑・疑い」になったようですよ。


  • 臆病な愛

この花言葉だけ、由来が良く分かっていないんですよ。

花言葉のつけ方から考えると杏の花が桜と似ている事から

「私桜とは違う花だけど好きになってもらえるだろうか?」

という風に感じて、恋に悩む女性の心と重ねたような花言葉がつけられてのかもしれませんね。


コト助くん

花言葉の由来に物語が無かったけど、杏を上手く表現しているね!

↓次のページ↓

1 2 3