椿の花言葉の怖い裏の意味!赤や白、ピンクなど色や品種別に紹介!!

コト助くん

椿の花言葉は怖いんだって!
うん、たしかに怖い意味は1つだけあるよ!

コトハちゃん

コト助くん

綺麗な花なのに意外だね!
んー、でも由来を知ると怖いとは思わないかも!他の椿の花言葉は素敵なものが多いから。

コトハちゃん

 

椿は日本原産の花なので、花言葉くらいは知っておきたいところですよね!

その椿の花言葉には、色や品種で違うのはもちろん、1つだけ隠された裏の花言葉があるんです。その意味が怖い

けど、由来となった話はどこか切ない恋のお話なんです。

怖い意味以外は素敵な言葉がほとんどなので、覚えていっていただければと思います。

 

さて今回は、そんな椿の花言葉を色や品種別や隠された怖い花言葉と由来となった話など、詳しくお伝えしていきます!

椿の花言葉と由来!


椿の花言葉は色や品種で違うという事でしたが、これは少し後で紹介さますね。

あと、怖い裏の花言葉についても、後半で詳しくお伝えしていくので、お楽しみに〜^ ^

さて、まずは椿全体の花言葉から見ていきましょう!

椿全体の花言葉は、

  • 控えめな優しさ
  • 誇り
  • 憧れの恋
  • 賞賛
  • 完全無欠
  • 尊敬
  • 美徳
  • 女らしさ

です。

日本原産の花だけど、西洋にも椿の花言葉があるんです。

西洋での椿の花言葉は、

  • admiration(称賛)
  • perfection(完璧)

の2つです。

椿の花をわかりやすく表している花言葉ですね。

色は派手なものが多いけど、控えめでどこか優しさを感じるといった印象。

スポンサーリンク

椿の花言葉を色別に!

赤い椿の花言葉

コト助くん

次は、赤い椿を見ていきましょう!

赤い椿の花言葉は、

  • 謙虚な美徳
  • 控えめな素晴らしさ
  • 気取らない優美さ
  • 謙虚
  • 気高い理性

です。

また西洋の花言葉は、

  • you are a flame in my heart(あなたは私の心の中で光り輝く)

です。

赤色って派手で情熱的って感じだけど、椿の場合は謙虚さを感じます。

綺麗でも気取らないのは大切ですよね。

コト助くん

綺麗だけど控えめって、こんな女性に憧れるよね!

まぁ、たしかに男はこういう人に憧れます。

 

白い椿の花言葉


次は白い椿を見ていこう!

コトハちゃん

白い椿の花言葉は、

  • 完全なる美しさ
  • 至上の愛らしさ
  • 申し分のない魅力
  • 冷ややかな美
  • 理想の愛
  • 誇り

となっています

また英語での花言葉は、

  • adoration(崇拝)
  • loveliness(可愛げ)

です。

白い椿の花言葉って、めちゃくちゃ見た目を褒められていますね。

花言葉って、人の内面を重ねて表したりする事が多いけど、白い椿は綺麗すぎてこうなったのでしょう。

女性なら憧れる花かもね。

コトハちゃん

ピンクの椿の花言葉

次はピンク色の椿になります!

ピンクの椿の花言葉は、

  • 控えめな美
  • 控えめな愛
  • 慎み深い

です。

また英語の花言葉は、

  • longing(あこがれ)

です。

ピンクって派手な色ってイメージなので、少しギャップのある花言葉ですね。

「赤い椿よりは控えめでしょ?」

って事なんでしょうか。

 

黄色い椿の花言葉

黄色い椿の花言葉は、

  • 控えめな愛情
  • 理想の愛
  • 謙虚さ

です。

やっぱり、 どの色も共通して控えめという言葉が見られます。花言葉をつけた人には、奥ゆかしく見えていたのでしょうね。

 

黒い椿の花言葉

黒い椿の花言葉は、

  • 気取らない優雅さ

です。

黒は怖い花言葉が多い色だけど、椿の場合は優雅に見えてしまうなんて不思議ですね。

何か他の花とは違う魅力があるのでしょうか。

スポンサーリンク

ここまで見てきた椿の花言葉は、全体的に控えめな中にも「別格の美しさ」を表すものが多かったですね。

でも、実は1つだけ隠された花言葉があるんですよ。

その花言葉が怖いので、先ほどまでの花言葉とは全く別の花に感じてしまいます。

 

椿の怖い裏の花言葉と悲しい由来

 

椿の怖い裏花言葉は、

  • 犯罪を犯す女

です。

 

コト助くん

うん、めちゃくちゃ怖いよ!

今までは「控えめな〇〇」とか奥ゆかしい感じがして、好印象だったのに最後は怖過ぎます。

でも、なぜ椿には良い言葉が多いのに、こんな怖い意味があるのでしょう?

これには、ある女性の悲しい話から来ているそうよ!

コトハちゃん

さて、どんな話が元になったのか一緒に見て行きましょう!

怖い花言葉の由来

椿の怖い花言葉「罪を犯す女」は、オペラの椿姫が由来だと言われています。

主人公の娼婦マグリッド=椿姫です。

◆椿の怖い裏の花言葉の由来

社交界でいつも椿を身につけている、絶世の美女「娼婦マグリッド」は椿姫と呼ばれていました。

マグリッドは肺の病に侵されていました。そんなある日、目や心が綺麗な青年アルマンと出会い、初めて本当の恋に落ちます。

しかし、ここで2人の間を離そうとするものがいました。

それは、アルマンの父です。

彼は息子たちの間柄を良く思わず、もう会わないでくれとマグリッドに頼んできました。普通なら断ってもいいところだが、アルマンを思い身を引くことにします。

アルマンが自分から離れていくように、マグリッドは娼婦に戻ったふりをすることにしました。

アルマンはそれに怒って、2人は別れることになります。

でも、アルマンはマグリッドが自分を裏切って無い事実を知り、彼女の元に急いで向かいます。

しかし、もう彼女はこの世から去っていました。

この悲しい話が「罪を犯す女」という、花言葉の由来になっています。

実際は、彼女は罪を犯してないけど、仕方ないとはいえ恋人を騙す事を後悔していたのかもしれませんね。

もう謝る事ができない罪を犯した女が、椿の花言葉になったのでしょう。

コト助くん

最初は、ただ怖い花言葉と思ってけど、もっと深い意味があったんだね。
ただ怖いだけじゃなくて、また違った魅力を感じるよ!

コトハちゃん

椿は色別だけじゃなくて、品種角にも花言葉が付いています。

せっかくなので次は、有名な椿の品種別の花言葉を一緒に見ていこう!

椿の種類別の花言葉

椿の品種で有名なのは、

  • 侘助(わびすけ)
  • 寒椿
  • オトメツバキ

の3つです。

コト助くん

じゃあ、一つ一つ順番に見て行くとしよう!

侘助(わびすけ)の花言葉

まずは、名前が可愛らしい侘助から見ていきましょう!

侘助の花言葉は、

  • 控えめ
  • 静かなおもむき
  • 慰めてあげます
  • 簡素

です。

ここまでの花言葉より、もっと控えめといった雰囲気がありますね。

椿が学級委員なら、侘助は図書委員といった感じでしょうか?笑

 

寒椿の花言葉


次は、寒椿を見ていきましょう!

寒椿の花言葉は、

  • 愛嬌
  • 謙譲
  • 申し分のない愛らしさ

です。

寒椿は見た目が可愛らしいといった感じですね。

他の品種や色は大人の女性をイメージできるけど、寒椿はまだ幼く愛嬌のある可愛さのイメージです。

 

乙女椿の花言葉

最後は、乙女椿(オトメツバキ)を一緒に見て行こう!

コトハちゃん

乙女椿の花言葉は、

  • 控えめな美
  • 控えめな愛

です。

コト助くん

なんかわからないけど、乙女って感じの言葉だね!

たしかに、なんかわからないけど乙女って感じです。笑

実は、世界的ブランド「シャネル」は、椿と深く関係していることをご存知ですか?

せっかくなので次は、椿とシャネルの話を軽ーく見ていきましょう!

◆カメリアの花言葉とココ・シャネルの関係

シャネルの創業者にして、 20世紀を代表するデザイナーのココ・シャネルは、カメリア(椿)をすごく愛していました。

 

それは、椿を元にしたシリーズで、今も受け継がれる「カメリアコレクション」というものまでありますからね!

 

たしかに、シンプルな中にも美しいデザインのシャネルと、椿の美しさと重なるところがあります。

 

ちなみに、先ほど紹介した乙女椿が「カメリアコレクション」のモチーフになった、品種に近いみたいです。

世界的なデザイナーに愛されるなんて、それほど椿という花は魅力があるのですね。

まとめ

コト助くん

じゃあ、最後に今回の内容を一緒におさらいして行こう!
まとめ

  1. 控えめな優しさ
  2. 誇り
  3. 憧れの恋
  4. 賞賛
  5. 完全無欠
  6. 尊敬
  7. 美徳
  8. 女らしさ
  9. admiration(称賛)
  10. perfection(完璧)
  11. 椿の怖い裏の花言葉「犯罪を犯す女」由来はオペラの椿姫から来ている。

まとめ

  1. 赤い椿の花言葉「謙虚な美徳」「控えめな素晴らしさ」「気取らない優美さ」「謙虚」「気高い理性」「you are a flame in my heart(あなたは私の心の中で光り輝く)」
  2. 白い椿の花言葉「完全なる美しさ」「至上の愛らしさ」「申し分のない魅力」「冷ややかな美」「理想の愛」「誇り」「adoration(崇拝)」「loveliness(可愛げ)」
  3. ピンクの椿の花言葉「控えめな美」「控えめな愛」「慎み深い」「longing(あこがれ)」
  4. 黄色い椿の花言葉「控えめな愛情」「理想の愛」「謙虚さ」
  5. 黒い椿の花言葉「気取らない優雅さ」
  6. 侘助(わびすけ)の花言葉:「控えめ」「静かなおもむき」「慰めてあげます」「簡素」
  7. 寒椿の花言葉:「愛嬌」「謙譲」「申し分のない愛らしさ」
  8. 乙女椿の花言葉:「控えめな美」「控えめな愛」

椿の花言葉を見て来ましたが、どうでしたか?

色や種類別の花言葉を見ても、全体的に控えめというか謙虚な言葉が多い印象でしたね。

綺麗だけど、それを鼻にかける事がない、素敵な女性をイメージさせるような感じです。

私も、椿を見習って謙虚にならないとな〜

コトハちゃん