若者・カタカナ言葉は『言葉マップ』

杏の花言葉の意味4つ!名前の由来や別名なども徹底解説!!

杏の名前の由来って?英語や別名!

杏の漢字は、木に実がついてることを表し、「口」を木についた実を指します。

そう言われると、杏のという字が実を付けた木に見えて来ませんか?

以上が杏の由来になっています。

たしかに、だんだん杏の字が実を付けた木に見える!?

コトハちゃん

また、杏というと、杏子って書いてるものもありますよね。これは中国の漢名で「杏」は木を「子」は実を表しています。

ちなみに、杏の別名はアプリコットや「唐桃(からもも)」ということがありますよね。

杏を英語で言うと、「Apricot blossom(アプリコットブラッサム)」と言います。

アプリコットは「陽が当たって早く熟した」という意味で、ラテン語のアプリカスが転じたものだと言われています。

ブラロッサムの方は、木に咲く花のことを指す言葉。

 

桜だったら、チェリーブロッサムみたいな事ですね。

実は、杏って暦にも使用されているって知ってましたか?

これは一般的には別の言い方をするけど、本当は杏も暦の中に入っているんですよ!

◆暦(こよみ)にも杏があった?

月には異名や別の言い方ってありますよね。

  • 12月だったら師走(しわす)
  • 1月だったら睦月(むつき)

などです。

2月といえば如月(きさらぎ)というのが一般的ですよね?

実は、2月の別の言い方として、杏月(きょうげつ)というものが存在してるんです。

これは2月に杏の花が咲く時期だから付けられています。

まとめ

コト助くん

じゃあ、さっそく杏の花言葉や由来を一緒におさらいしていこう。
まとめ

  • 臆病な愛
  • 早すぎた恋
  • 乙女の恥じらい、乙女のはにかみ
  • 疑い・疑惑
  • timid love(臆病な愛)
  • doubt(疑い)
  • distrust(疑惑)

まとめ

  1. 「乙女のはにかみ、恥じらい」と「早すぎた恋」:この花言葉は、杏の咲く時期が由来。杏は桜とは名が似ているけど、桜より咲く時期が早くて、はにかんでいる様に見えたからつけられました。「乙女の恥じらい」も桜より早く咲いて、「私だけ早く咲いちゃった!」と乙女が恥ずかしがった姿を重ねて付けられたようです。
  2. 疑惑・疑いこの花言葉は、中国にある「李下に冠を正さず」という故事が由来。これは「木下で冠直してると、木の実を取ろうとしてると疑われるよ?だから、やめときな!」という意味。これはスモモの事を指している言葉だけど、混同して杏の花言葉に「疑惑・疑い」になったと言われています。
  3. 臆病な愛この花言葉は分かっていないけど、杏が桜に似ているけど「自分は桜じゃないけど愛してもらえるだろうか?」という風に感じたから付けられたと考えられます。

めちゃくちゃ良い意味って言葉は、正直な所ありませんでしたねー。

女の子と名前で「杏」って使われることが多いけど、やっぱり花言葉が良いから付けたわけじゃなさそうですね。

杏は薬に使われてたから、「誰かのために何か出来る人になって欲しい」ってことなんだね~

コトハちゃん

そうだね。

花の名前を付けるときは花言葉から考える事が多いけど、杏の場合は特徴を上手く表現してるって事だね!

1 2 3