若者・カタカナ言葉は『言葉マップ』

紫陽花の花言葉は怖い?青や赤など色によって意味が違う!!

紫陽花の花言葉の由来!

ここまで紫陽花の花言葉をお伝えしましたが、それらにはちゃんと理由や由来があるんです。

また、由来を知ると

「確かに、その花にぴったりだ」

と感じられるので、ぜひチェックしていってくださいね。

まずは、いい意味の言葉の由来から見ていきましょう!

元気な女性

まずはこの花言葉ですが、実はフランス生まれの花言葉なんですよ〜。

日本では紫陽花の開花時期は梅雨でジメジメしてますが、フランスでは気持ちのいい気候なんです。

なので、気持ちがいい天気=元気な女性(花言葉は女性に例える事が多い)と、なったみたいです。

あと、フランスの紫陽花は土の質的に、赤やピンクが多いよう。

一家団らん、家族の結びつき

紫陽花って小さな花(萼、がく)がバッーと集まって咲いていますよね。

この見た目が、花同士の絆のようなイメージから家族の団欒や、団結といった雰囲気の言葉が付けられました。

母の日に贈ることが増えたのも、この花言葉がきっかけでしょうね!

コト助くん

確かに、小さな花が集まってる様子って可愛らしいけど、絆を感じさせるよね!

辛抱強い愛情

コト助くん

この由来はある二人の恋愛が元になってるらしいよ!

これは日本がまだ鎖国だった頃の話です。

ドイツ人医師シーボルトと、日本人の妻「楠本滝さん(くすもとたき)」の物語。

当時長崎に来日していたシーボルトは、日本で楠本滝さんと恋に落ちました。

しかし、シーボルトは国外追放され、二度と日本には入れない様になってしまうんです。

 

そしてシーボルトは帰国しましたが、紫陽花を母国に持ち帰り「オタクサ」と名前をつけたんですよ!
あれ、この名前何かに似ていませんかー?

そうです!

これは日本にいる楠本滝さんを思って名付けられたと言われて、これが「辛抱だ良い愛情」という花言葉の由来となったと言われています。

 

これは悲しくも愛のある話でした!

もしかすると二人は、辛いことがあっても辛抱して相手を思い続けていたのかもしれませんね〜。

次は、紫陽花の「怖い花言葉」の由来もチェックしていこう!

コトハちゃん

 

怖い花言葉の由来

  • 移り気・浮気・変節

2017年は週刊誌で良く浮気や不倫など、多く報道されてましたね。

でも、この紫陽花の花言葉って、なんで文春砲が飛んできそうな言葉んでしょうか。

実は、これ花の特徴を捉えたものなんですよ。

紫陽花って色が変わっていきますよね。

この特徴から「色が移り変わる=心の移り変わり」とイメージさてたみたいです。

コト助くん

より美しくなろうとしてると、考えれば素敵な特徴だけどね!
おっ!良い事言うね〜

コトハちゃん

あなたは美しいが冷淡だ・冷酷

これは紫陽花の色の一つ、青系統を見て付けられた花言葉なんです。

この青色って、あなたはどんなイメージですかー?

たぶん、多くの人はかクールで知的、爽やか」といった感じでしょうか。

でも、青系って寒色と言われるほど、冷たいと言う印象も強いです。なので、「冷たい=冷酷、冷淡」となってしまったみたいなんですよ。

また、「高慢・無情」なども、これと同じ理由から家庭やと言われています。


 

ここまで紫陽花の花言葉やその由来を見てきました。

今回は、結構なボリュームになりましたね。

なので最後に、今回の内容を簡単にまとめたので一緒におさらいしていきましょう!

↓次のページ↓

1 2 3 4 5