若者・カタカナ言葉は『言葉マップ』

紫陽花の花言葉は怖い?青や赤など色によって意味が違う!!

まとめ

コト助くん

じゃあ、最後に一緒におさらいしていこう!
まとめ

  1. 一家団らん
  2. 家族の結びつき
  3. 乙女の愛
  4. 辛抱強さ
  5. 強い愛
  6. 仲良し
  7. 平和
  8. 団結
  9. 高慢
  10. 変節
  11. 自慢家
  12. 冷酷
  13. 無情
  14. ホラ吹き(嘘つき)
  15. あなたは冷たい
  16. 浮気
  17. 移り気

まとめ

  1. 青い紫陽花:清澄(せいちょう)知的神秘
  2. 白い紫陽花:寛容・ひたむきな愛情
  3. 赤・ピンク色の紫陽花:元気な女性
  4. ガクアジサイ:謙虚

まとめ

  1. 元気な女性:これはフランスの花言葉で、日本と違って紫陽花の時期は梅雨ではなくて、気持ちのいい気候だそうです。そのことから気持ちのいい天気=元気と連想され、女性に例えられました。
  2. 一家団らん、家族の結びつき:紫陽花は小さな花が集まって咲いているので、その姿が家族の団欒や結びつきと連想されたことが由来。
  3. 辛抱強い愛情:シーボルトと楠本滝さんの恋のお話が由来でしたよね。国外追放されたシーボルトが滝さんを思って、持ち帰った紫陽花にオタクサと付けたことが元になってる。「オタクサ=楠本滝さん」への想いからと言われています。
  4. 移り気・浮気・変節:紫陽花の特徴の一つである、花の色が変わって行く姿からきています。色が移り変わることが、心の移り変わりと連想されて、「浮気」などが付けられました。
  5. あなたは美しいが冷淡だ:これは青い紫陽花から付けられた花言葉です。青色のイメージから冷たい印象になりました。また、「高慢・無情」も同じ。

良い面も悪い面もあったけど、私的にはなんだかんだ言っても、素敵かなぁって印象です。

それでは、紫陽花を見かける機会があれば、今回の内容を少し思い出して、花の姿を眺めて見てはいかがでしょうか。

1 2 3 4 5