若者・カタカナ言葉は『言葉マップ』

葉牡丹の花言葉!意味と由来は?正月に飾られる理由も解説!!

葉牡丹の花言葉の意味とは?

白い葉牡丹

白い葉牡丹

実は、花って色によっても個別の花言葉が付いてることが多いんですよ。でも、残念ながら葉牡丹は色別ではありません。

まぁ、逆に言えば覚えやすいということですね!

では、さっそく葉牡丹のステキな花言葉を見ていきましょう!

葉牡丹の花言葉は、

  • 愛を包む
  • 祝福
  • 物事に動じない
  • 利益
  • 慈愛

です。

葉牡丹の花言葉はこの5つになってます。色々と縁起が良さそうな言葉が多いですよね。

特に利益や祝福って言葉は、宝くじが当たりそうな感じで私は好きです!

 

この葉牡丹って寒い時期に見ることが多いんですが、実は開花時期って4月~5月ごろなんですよ。

 

実は、あの色づいてるところは葉っぱなんですよ。

園芸としても人気で栽培される事が多いけど、花自体が観賞の対象になってないので、開花前に処分されることも多いんだとか。

なんとも悲しき花でしょ?

コト助くん

まじか、あれが花じゃなくて葉っぱだったんだ。花が可哀想に思える…

でも、花言葉はステキだったてので、ちゃんと覚えて行ってあげて下さいね。


さて、先ほどの縁起の良い花言葉は、どのように付けられたのでしょうか?

次は、葉牡丹の花言葉の由来を見ていこうか。

コトハちゃん

 

葉牡丹の花言葉の由来

  • 祝福

祝福は、紅白の色がめでたいことから、正月に飾られることなどが由来と言われています。

確かに、祝いの時って紅白を見る事が多いですよね。

例えば卒業先の紅白饅頭とか、そのときの壁に貼られてる紅白の暖簾のようなものなど。


  • 利益

葉牡丹がキャベツに似ていることや食べることも可能な事から、三国志で有名な諸葛孔明が食用にしたことから来ているようです。

諸葛孔明が花言葉の由来に関係してるという事だけで、なんか利益でそうですね〜。


  • 愛を包む、慈愛、祝福

中心にある花を色づいた葉っぱが、優しく包んでいる事から、「中心の花=赤ちゃん」を包むように考えられた事が由来。


  • 物事に動じない

これは調べても出てこなかったんですが、花より葉っぱが注目されても動じないという事なのかもしれませんね。

普通は、花がが注目されるものですから。


はじめにもお伝えしましたが、葉牡丹は正月飾りの一つ「門松」似添えられることも結構あります。

でも、なんで正月に葉牡丹を飾るようになったのでしょうか。

せっかくだから次は、正月に葉牡丹が飾られるようになった理由を見ていこう。

コトハちゃん

↓次のページ↓

1 2 3 4