じゃがいもの花言葉!野菜なのに救世主みたいな意味があった!?

コト助くん

ジャガイモの花言葉ってどんなのがあるの?
ジャガイモには、救世主って感じの花言葉がついてるよ〜

コトハちゃん

コト助くん

へぇ、なんか意外な言葉が付けられてそうだね!
せっかくだし今日は、ジャガイモの花言葉を見ていこうか!

コトハちゃん

 

栽培しやすい野菜としても有名なジャガイモには、先程もお伝えした通り「救世主」的な花言葉があります。

スーパーでもそれほど高くもないので、親しみあるのに意外ですよね。

でも、それらの花言葉が付けられたのにはちゃんと理由があり、それについても後半で紹介しています。

 

というわけで今回は、じゃがいもの花言葉とその由来についてまとめているので、気になった方はぜひ見ていきましょう!

じゃがいもの花言葉

じゃがいも

じゃがいも

では、さっそくジャガイモにつけられた4つの花言葉をチェックしていきましょう!

じゃがいもの花言葉は、

  • 恩恵
  • 慈愛
  • 慈善
  • 情け深い

です。

以上がジャガイモの花言葉ですが、どうでしょうか。

冒頭でお伝えした通り「救世主」的な言葉が多く用いられていますよね。

コト助くん

おぉ、ホントに救世主みたいに助けてくれそうな花言葉だね!
でしょ!
このあと紹介してるけど花言葉の由来は、結構歴史の勉強になるよ〜

コトハちゃん

次は、じゃがいもの花言葉の由来を一緒に見ていきましょう!

じゃがいもの花言葉の由来

じゃがいもの花言葉は、「恩恵、慈愛、慈善、情け深い」の4つありましたよね。

これら4つの花言葉の由来は同じで、ジャガイモがが過去に多くの国で飢餓から救った実績があるからなんですよ。

 

では、実際にどのように救ってきたのか紹介していきます。

様々な国を救ったジャガイモの原産地は、南米のアンデス山脈付近だとされ、16世紀ごろにヨーロッパに伝わりました。

 

ヨーロッパで爆発的に広がった要因は、寒い地域でも育ち栽培も簡単だったからで、収穫も何に2〜3回出来るためです。

 

 

この理由もあり、何度もヨーロッパで飢餓から救ったとされています。

 

 

※ちまにみ、じゃがいものおかげで人口が爆発的に増加した国もある。

つまり、これらの理由からジャガイモは飢餓を救った食材なので、その花言葉も「恩恵、慈愛、慈悲、情け深い」など救世主のような花言葉が付けられたんですよ。

まとめ

最後に、ジャガイモの花言葉をおさらいしていきましょう!

コトハちゃん

ジャガイモの花言葉

  1. 恩恵
  2. 慈愛
  3. 慈善
  4. 情け深い

ここまで見てきたジャガイモの花言葉の中に、あなたが気に入った花言葉はありましたか?

よく食卓に並ぶ食材でもあるので、次食べる時は今回紹介した花言葉を思い出していただければ!