マーガレットの花言葉と由来!白や赤、ピンクなどの色別も徹底紹介

コト助くん

マーガレットの花言葉って「恋占い」なんだって!
そうね。でも、あと花言葉は12個あるよ?

コトハちゃん

コト助くん

えっ、そんなにあるの!?
そうだよ。色が違うと花言葉も違うからね〜

コトハちゃん

他の花言葉がきになるなら、今回はマーガレットの花言葉を一緒に見ていこうか。

コトハちゃん

 

マーガレットはコトハちゃんがいっていた通り、色が違うと花言葉が変わって全部で13個の言葉があります。

花言葉のイメージとしては乙女って感じの言葉が多いです。

また、マーガレットの花言葉の中には、あたたも一度はやった事があることが由来になっているのも注目ですよ!

今回の記事では、マーガレットの花言葉を色別で13個花言葉の由来となった風習とギリシャ神話についてもお伝えしていますので、ぜひ参考にしてください!

マーガレットの花言葉の意味!


マーガレットは色別玉花言葉がありますが、まずはマーガレット全体の花言葉から紹介していきますね〜。

マーガレット全体の花言葉は、

  • 恋占い
  • 信頼
  • 誠実
  • 真実の友情
  • 貞節(夫以外に身も心も許さない事)
  • 心に秘めた愛
  • 優しい思い出
  • 私を忘れないで

です。

また、海外の花ということもあり、英語での花言葉もありますよ!

西洋での花言葉は、

  • secret love(秘密の恋)
  • faith(信頼)

です。

マーガレットの花言葉は、色々な意味がありますね〜。

大きく分けると

  • 恋愛関係
  • 信頼や誠実さ
  • 思い出関係

といった感じに分けることができますよね。

この後紹介している色別の花言葉も、「どの色は誰に分類されるか?」を考えながら見ていただければと思います。

スポンサーリンク

じゃあ、白いマーガレットの花言葉から見ていこう。

コトハちゃん

マーガレットの花言葉を色別に!

白いマーガレットの花言葉

白いマーガレットの花言葉

  • 秘めた愛

です。

 

白は心理学的には、純粋といった汚れのないというイメージの色なんですよ。

なので、白は恋愛感情なんて抱かないというイメージがあるけど、中には秘めた恋心があると、考えられて付けられたのかもしれません。

 

黄色やオレンジのマーガレットの花言葉

 

黄色やオレンジのマーガレットの花言葉

  • 美しい容姿

です。

 

オレンジや黄色系のマーガレットには、「カナリアクイーン」という品種があります。

クイーンぴったりな花言葉ということでしょうか。

 

ピンクのマーガレットの花言葉

ピンクのマーガレットの花言葉

  • 真実の愛

となっています!

 

ピンクって心理学では、身につけてると若くなったり、緊張が和らいだりするそうです。

他にも、優しい気持ちにもならみたいですよ!

なので、ピンクのマーガレットを部屋に飾っておくと幸せな気分になれるかもしれませんよ〜。

 

赤や紫のマーガレットの花言葉

赤や紫のマーガレットには、個別には花言葉は付いていないみたいです。

でも、マーガレットの赤って濃いピンク色とも言われることが多いんですよ。なので、ピンクのマーガレットの花言葉「真実の愛」が、当てはめられることもあります。

紫は残念ながらありませんが、全体の花言葉として覚えて貰えば大丈夫。

スポンサーリンク

さて、ここまでたくさんの花言葉見てきましたが、どうして付けられたのか気になりますよね。

実は、マーガレットの花言葉の由来には、ある風習とギリシャ神話が関係しているんです。

せっかくなので次は、マーガレットの花言葉の由来を一緒に見ていきましょう。

マーガレットの花言葉の由来

マーガレットの花言葉の由来のギリシャ神話はこの後で紹介しますね。

まずは、マーガレットの花言葉の由来になった風習はを見ていきましょう。

花言葉の元となったのはマーガレットを使った占いです。

◆花占いが由来

子供の頃に経験がある方は多いと思いますが、花びらを一枚ずつ「好き、嫌い、好き、嫌い…」という占いがありますよね

世界共通してこの占いがあるみたいです。

特に西洋では、マーガレットを使う人が多かったことが、この花言葉の由来になったそうですよー。

以上が風習による花言葉の由来。

他にも、恋愛や愛と関係がある花言葉は、この占いが由来になっていると考えられています。

例えば、「秘めた愛」とかは、誰にもこの気持ちを言えないけど、占いで試そうという乙女心が連想されたのかもしれませんからね〜。^ ^

次は、花言葉の由来となったギリシャ神話を見たいしましょう!

 

マーガレットとギリシャ神話

ゲームや映画などでも出てくることが多い、「女神アルテミス」がマーガレットの花言葉の由来になりました。

マーガレットってアルテミスに捧げられるという花だそうです。

そして、アルテミスって「処女神」や「出産の女神」「狩猟の女神」などを司る神様と言われています。

なので、女性を守るとされるアルテミスに捧げられたのがマーガレットと言われています。

このことから「貞節」「誠実」などの花言葉が付けられたのだと考えられているんですよ。

あと「真実の愛」もアルテミスが関係しているのでしょう。

マーガレットって名前だけど、日本語の和名でいうとなんていうか知ってますかー?

コト助くん

じゃあ、マーガレットの和名を紹介していくね。

マーガレットの和名!別名は?

マーガレットは、別名「Paris daisy(パリス・デージー」)とも呼ばれています。

また、日本では葉の形がキク科の春菊に似ていることから別名は、木春菊(モクシュギク)と呼ばれているので覚えておくといいですよ~。

マーガレットの名前は、真珠という意味のギリシア語「マルガリーテス(真珠)」が由来

昔は品種改良がなかったのか、白いマーガレットが一般的だったことで真珠みたいってなったのかも知れませんね。

まとめ

コト助くん

では、最後におさらいしていきましょう!
まとめ

  1. 恋占い
  2. 信頼
  3. 誠実
  4. 真実の友情
  5. 貞節(夫以外に身も心も許さない事)
  6. 心に秘めた愛
  7. 優しい思い出
  8. 私を忘れないで
  9. secret love(秘密の恋)
  10. faith(信頼)
  11. 白いマーガレット:秘めた愛
  12. 黄色やオレンジのマーガレット:美しい容姿
  13. ピンクのマーガレット:真実の愛

まとめ

  1. ●花占いが由来花びらを一枚ずつ「好き、嫌い、好き、嫌い…」という占いをマーガレットでやる事が多かったから、この花言葉が付きました。ちなみに、この占いは世界共通みたいです。
  2. マーガレットとギリシャ神話「貞節・誠実」:「処女神」や「出産の女神」「狩猟の女神」司る女神アルテミスに、ささげられていたのがマーガレットだったことからなどの花言葉が付けられた。あと「真実の愛」もアルテミスが関係している。

コト助くん

花言葉全体の印象としては、純粋ってイメージに感じたかな~
そうだね~。恋占いとか特に乙女って感じだしね!

コトハちゃん