マーガレットの花言葉と由来!白や赤、ピンクなどの色別も徹底紹介

マーガレットの花言葉の由来

マーガレットの花言葉の由来のギリシャ神話はこの後で紹介しますね。

まずは、マーガレットの花言葉の由来になった風習はを見ていきましょう。

花言葉の元となったのはマーガレットを使った占いです。

◆花占いが由来

子供の頃に経験がある方は多いと思いますが、花びらを一枚ずつ「好き、嫌い、好き、嫌い…」という占いがありますよね

世界共通してこの占いがあるみたいです。

特に西洋では、マーガレットを使う人が多かったことが、この花言葉の由来になったそうですよー。

以上が風習による花言葉の由来。

他にも、恋愛や愛と関係がある花言葉は、この占いが由来になっていると考えられています。

例えば、「秘めた愛」とかは、誰にもこの気持ちを言えないけど、占いで試そうという乙女心が連想されたのかもしれませんからね〜。^ ^

次は、花言葉の由来となったギリシャ神話を見たいしましょう!

 

マーガレットとギリシャ神話

ゲームや映画などでも出てくることが多い、「女神アルテミス」がマーガレットの花言葉の由来になりました。

マーガレットってアルテミスに捧げられるという花だそうです。

そして、アルテミスって「処女神」や「出産の女神」「狩猟の女神」などを司る神様と言われています。

なので、女性を守るとされるアルテミスに捧げられたのがマーガレットと言われています。

このことから「貞節」「誠実」などの花言葉が付けられたのだと考えられているんですよ。

あと「真実の愛」もアルテミスが関係しているのでしょう。

マーガレットって名前だけど、日本語の和名でいうとなんていうか知ってますかー?

コト助くん

じゃあ、マーガレットの和名を紹介していくね。

マーガレットの和名!別名は?

マーガレットは、別名「Paris daisy(パリス・デージー」)とも呼ばれています。

また、日本では葉の形がキク科の春菊に似ていることから別名は、木春菊(モクシュギク)と呼ばれているので覚えておくといいですよ~。

マーガレットの名前は、真珠という意味のギリシア語「マルガリーテス(真珠)」が由来

昔は品種改良がなかったのか、白いマーガレットが一般的だったことで真珠みたいってなったのかも知れませんね。


↓次のページ↓

 

1 2 3 4 5