梨(なし)の花言葉と由来!優しさを感じさせる3つの意味!!

コト助くん

梨ってリンゴに似ているけど、花言葉も似てたりする?
んー、全然似てないかなぁ

コトハちゃん

コト助くん

そうなんだ、よく食べるから覚えておいた方が良さそう!
せっかくだし今日は、梨の花言葉を見ていこう!

コトハちゃん

 

今回は、梨(なし)の花言葉とその由来についてまとめているので、気になった方はぜひ見ていきましょう!

梨(なし)の花言葉

梨の花言葉

梨の花言葉は愛がある

ではさっそく、リンゴと似ている果実「梨(なし)」の花言葉を見ていきましょう!

梨全体の花言葉は、

  • 愛情(affection)

です。

梨の花言葉は愛情という温かみのある言葉になっていますね。

見た目が似ているリンゴとは、全然違う花言葉になっていたりしています。

気になった方は、以下の記事も参考にしていただければと思います。

>>>林檎(りんご)の花言葉の意味


コト助くん

ナシなのに愛情は有るんだね。笑
スベってるけど、梨の名前の由来は無し・有りは関係してるんだけどね!

コトハちゃん

コト助くん

えっ!?
マジで!!
まぁ、それは後半で見るとして。
その前に、次は梨の木に付けられた花言葉を見ていこうか!

コトハちゃん

梨の木の花言葉

梨の木の花言葉は、

  • 癒し
  • 慰め
  • 英語ではcomfort

です。

全体は愛情でしたが「木」の花言葉になると、「癒しや慰め」という優しさがある言葉になってます。

もしかしたら、梨の木には私たちの心を癒す香りがするのかもしれませんね。

コト助くん

梨の木を見ていきたいね!
まぁ、道端に植えられてるわけじゃないからね〜

コトハちゃん


 

次は、梨の花言葉の由来を一緒に見ていきましょう!

 

梨の花言葉の由来

  • 愛情

この花言葉は、梨の木が大きい果実をたくさんつけるので、それに感謝しているように見えるナシの姿が由来だと言われています。

◆花名の由来

 

梨の語源は諸説あるけど、梨の実が中心部ほど酸味が強いから「中酢(なす)」となった。

 

他の説は、果肉が白いことから「中白(なかしろ)」or「色なし」が転じた。

 

風があると実らないため「風なし」が転じたなどといわれます。

実は、ナシが「無し」に通ずるのを忌んで、「有りの実(アリノミ)」という反対の意味を持たせた別名もありますよ。

 

まとめ

最後に、梨(なし)の花言葉をおさらいしていきましょう!

コトハちゃん

梨(なし)の花言葉

  1. 全体:愛情(affection)
  2. 木:癒し、慰め(comfort)

ここまで見てきた梨の花言葉の中に、あなたが気に入った花言葉はありましたか?

次に梨を食べる時に、今回の内容を教えていただければと思います。


コト助くん

果物に付けられる花言葉って、たくさん実がなることが由来のものが多いよね〜
人間にとって大切な食料だからね〜

コトハちゃん