さくらんぼの花言葉!恋の味と言われる果実の5つの意味を紹介!!

コト助くん

さくらんぼってよく弁当に入ってたけど、どういう花言葉があるの?
恋愛的にもそれ以外でもいい言葉が多いよ〜

コトハちゃん

コト助くん

おぉ、なんか覚えておいた方が良さそうだね!
せっかくだし今日は、さくらんぼの花言葉を見ていきましょう!

コトハちゃん

 
さくらんぼは「甘酸っぱい味」なので、恋の味としても表されることが多いですよね。

当然、花言葉にも書いた関係する言葉が多いんですよ。

 

というわけで今回は、さくらんぼの花言葉とその由来についてまとめているので、気になった方はぜひ見ていきましょう!

さくらんぼの花言葉

サクランボ

サクランボ

ではさっそく、2つのみがセットのイメージがある「さくらんぼ」の花言葉は、どんな言葉なのか見ていきましょう!

さくらんぼの花言葉は、

  • 上品
  • 幼い心
  • 小さな恋人
  • 善良な教育
  • 真実の心

です。

子供の頃に弁当に入っていた人が多いからか、子供っぽい花言葉が多く見られますね。

確か、「さくらんぼの詩」という駄菓子は恋の味という触れ込みだったので、「甘酸っぱい味」というのは恋を思わせるのかもしれませんね。


コト助くん

初恋を感じさせて、さくらんぼの花言葉は嫌いじゃないよ
昔はよく食べていたし、覚えておきたいよね!

コトハちゃん


さて、さくらんぼの花言葉はどれも素敵な言葉でしたよね。

「でも、どういう由来があって付けられなのか?」

って気になりますよね。

なので次は、さくらんぼの花言葉の由来を見ていきましょう!

 

さくらんぼの花言葉の由来

  • 小さな恋人・幼い恋

この花言葉は、夏に実る真っ赤な実が2つ連なって付いていることから、二人の恋人のようにイメージされたことが由来。

また、「善良な教育や真実の心」もさくらんぼが実った姿から付けられたと言われています。

◆名前の由来

 

さくらんぼという名前は、桜の実という意味から来ていて「桜の坊」という言葉が語源。

 

「桜の坊→さくらのぼう→さくらんぼう→サクランボ」

 

まとめ

最後に、さくらんぼの花言葉をおさらいしていきましょう!

コトハちゃん

さくらんぼの花言葉

  1. 善良な教育
  2. 小さな恋人
  3. 上品
  4. 幼い心
  5. 真実の心

ここまで見てきた蓮の花言葉の中に、あなたが気に入った花言葉はありましたか?

次にさくらんぼを食べる時は、今回の内容を思い出していただければと思います。


コト助くん

さくらんぼの花言葉を知ってからだと、食べるたびに初恋を思い出しそう!
甘酸っぱい感じの記憶ってこと?

コトハちゃん

コト助くん

そうそう!恥ずかしい感じのやつ!!笑