若者・カタカナ言葉は『言葉マップ』

芝桜(シバザクラ)の花言葉!ピンクや白・青系で意味が違った!?

芝桜の花言葉を色別でも見ていこう

青・白色の花言葉はカッコいい

青色と白色の芝桜の写真

青色と白色の芝桜の写真

青・白色系の芝桜の花言葉は、

  • 燃える恋
  • 煌(きら)めく愛

の2つになります。

個人的には「燃えるや煌めく」ってなんか、少年心がカッコよく感じてしまいますよね。

でも、気になるのは

「なぜ、花に炎をイメージする言葉が使われるのか?」

これは芝桜の英名が関係しています。

シバザクラの英名は「moss phlox(モスフロックス)=苔状のフロックス」という意味。

 

フロックスは、ギリシャ語で炎を意味するphlogosが由来とされています。

このことから、白や青系のシバザクラに、静かに燃える炎を連想されたようです。

白や青系のシバザクラは可愛らしい見た目の中に、情熱的な物があるようなことから『燃える恋』『きらめく愛』という花言葉で表されたのかもしれませんね。

 

つまり、

「可愛い見た目だけど英名で炎って入るらしいぜ!」

「じゃあ、意外と情熱的な花なのかもな」

簡単に言えば、こういう事ですね。


可愛い見た目の中にある情熱的な部分か…モテる女ね!

コトハちゃん

コト助くん

何というか、芝桜の印象がガラッと変わる花言葉だね。

確かに、今まで持っていた印象と違うから、次見るときはまた違った見方ができそうだね。

次は、濃いピンクの芝桜の花言葉を見ていきましょう!

 

濃いピンクの芝桜は少し怖い?

ピンクの芝桜

濃いピンク色の芝桜

濃いピンク芝桜には、

  • 私を拒否しないで

という花言葉で表されます。

この色って派手で色っぽさもあり、積極的なイメージを持つ方が多く、中には苦手な人もいますよね。

なので、「濃いピンクの芝桜=派手だけど拒否しないでね」となったと言われています。

 

また、冒頭で紹介した「臆病な心」は淡いピンクの芝桜を指しているようです。

同じ系統の色でも、真逆の意味になるんですね。

桜の花言葉もチェック!

芝桜は桜とは違う分類ですが、日本人にとっては欠かせない花なので、桜の花言葉は知っておきたいですよね。

 

なので、気になった方は以下の記事に「桜全体や品種の花言葉」をチェック!

 

おすすめ 桜の花言葉「私を忘れないで」が怖い?品種別の意味も一発チェック!!

桜の画像桜の花言葉「私を忘れないで」が怖い?品種別の意味も一発チェック!!

次は、打って変わって芝桜の性質・特徴を表した花言葉。

可憐な見た目なのに、けっこう武士っぽい花言葉なんです。

 

芝桜の特徴で武士の様な花言葉が付いた?

芝桜の性質や特徴を表した花言葉があって、その言葉は『耐え忍ぶ』と言った感じで武士みたいなんですよ。

では、「どう武士なのか?」見ていきましょう!

それは、

  • 忍耐、耐える力
  • 一筋
  • 希望
  • 誠実な愛

です。

ここまで見てきた、シバザクラの花言葉とは少し違った物が多いですよね。

これにはシバザクラの性質が大きく関係しています。

 

シバザクラは「寒くても、乾燥していても」どの様な土地でも、地面に這っているかの様に、すごい繁殖力で花を咲かせます。

このような性質から、「芝桜=厳しい環境に負けない・小さくても強い」と言ったイメージが持たれるようになりました。

これらの性質が武士のような花言葉で表されるようになりました。

 

他にも、色々な種類の芝桜が一斉に咲くことから、

  • 温和
  • 協調

といった花言葉もあります。

コト助くん

僕も、芝桜みたいにどんな環境でも頑張らないと…

↓次のページ↓

1 2 3 4