若者・カタカナ言葉は『言葉マップ』

たんぽぽの花言葉は怖い?綿毛や白色の意味と由来についても紹介!!

たんぽぽの名前の由来


今では当たり前のように「たんぽぽ」と言っていますが、昔は鼓草(ツヅミグサ)と呼ばれていたんですよ!

この鼓草の由来は、日本の伝統楽器の1つ鼓(つづみ)という、胴の中央がくびれた砂時計の様な形です。

これは江戸時代ごろの子供達が、たんぽぽの茎を鼓みたいな形に反らせる遊びがあるので、当時は鼓草と呼ばれていました。

ちなみに、今も日本には同じような草花遊びがあるみたいですよ〜!

そして鼓草からたんぽぽに名前が変わったのは、鼓を叩く音が「タン」と「ポポ」と音がすることが語源と言われています。

そして今では花の名前は、たんぽぽという私たちがよく知っている呼び方になりました。

たんぽぽの漢字!英語では?

たんぽぽは漢字で「蒲公英」と書きます。

たんぽぽって子供の頃から親しんでるけど、意外と漢字の書き方を知りませんね。

ちなみに、英語でダンディライオン(dandelion)って言うんだよ!

コトハちゃん

これはフランス語で、ライオンの歯を意味する「dent-de-lion」が由来で、見た目がタンポポの葉がギザギザしていて、ライオンの牙をイメージした事にちなみます。

また、たんぽぽの綿毛はフランス語で「ピサンリ(pissenlit)」といいます。

実は、これ「piss-en-lit」=「ベッドの中のおしっこ」という意味。なんか、ちょっと残念なフランス語ですね。笑

これは、たんぽぽに利尿作用があるからなんだそうですけど…

↓次のページ↓

1 2 3 4 5