若者・カタカナ言葉は『言葉マップ』

デンドロビウムの花言葉と由来!ピンクや紫、赤や品種別で18の意味

まとめ

コト助くん

じゃあ、さっそく一緒におさらいしていこう!
まとめ

  1. わがままな美人
  2. 天性の華をもつ
  3. 思いやり
  4. selfish beauty(わがままな美人)
  5. ピンクのデンドロビウム:官能・誘惑
  6. 白いデンドロビウム:純粋な愛・誘惑に負けない
  7. 紫色のデンドロビウム:愛と美喜び・歓び欲望官能
  8. 黄色のデンドロビウム:友情エロティシズムと愛の暖かさ
  9. 赤いデンドロビウム:情熱と欲望・強烈な愛の願望
  10. デンドロビウム・ノビル:謹厳実直
  11. デンドロビウム・ファレノプシス:誘惑・有能・お似合いの二人

まとめ

  1. わがままな美人の由来:デンドロビウムの美しさと「綺麗でワガママな女性」を連想されたことが、この花言葉の由来だと言われています。
  2. 誘惑・官能などの由来:紫のデンドロビウムのところでもお伝えしましたが、デンドロビウムの種類の中には、地面に根を張らないで木などに根を付ける着生植物があります。このような花の特徴から男性を虜にする女性を連想して「誘惑・官能」などの花言葉になりました。他にも、この意味に類する花言葉はこの特徴が由来です。
  3. 愛と関係の花言葉:着生植物というデンドロビウムの特徴が由来だと思います。今まで「他人だった二人がくっつく様子に恋人同士や夫婦の愛のように見えた事」が揺らいだと推測されます。

全体的に男性を誘惑する美人名女性って雰囲気の花言葉だったので、プレゼント向きではないのかもしれませんね。

デンドロビウムの花言葉みたいな人になりたい方は、お庭に植えて目指して見るのもいいかもしれませんよ~!^^

1 2 3 4 5