若者・カタカナ言葉は『言葉マップ』

ルピナスの花言葉の意味と由来!白や黄色など色別で11つ紹介!!

バラ色ルピナスの花言葉


次は、バラ色のルピナスをチェックしていきましょう!

バラ色ルピナスの花言葉は、

  • 珍奇(ちんき)

となっています。

先ほどまでの、家族や友達との幸せをイメージさせる花言葉とはまた違った意味になりますね。

珍奇の意味としては「とても珍しく変わっている様」となっています。

このバラ色ルピナスは、花の色が赤系統を表していると考えて大丈夫です。

でも、そう考えると珍しい色じゃないのに、不思議な花言葉が付けられていますね。

 

これはルピナスの花の色が青や白などが多く、赤色系の花が少ないことからこの花言葉になったとされています。

簡単に言えば、今のところ赤色系のルピナスはレア度が高いという事ですね。

ブルーボンネット(テキセンシス)

次は青いルピナス「ブルーボンネット」です!

ブルーボンネットの花言葉は、

  • 母性愛

です。

白いルピナスと同じ花言葉が付けられていますね。どの色でも、ルピナスからは母性を感じるのでしょう。

このブルーボンネットは、アメリカのテキサス州の州花でもあるんですよ。また、学名ではテキセンシスと言われています。

テキサスを思わせる学名ですね。

 

紫色や他のルピナスの花言葉

次は、紫とその他の色のルピナスを見ていきましょう!

紫や他の色の花言葉は、

今のところ確認できませんでした。

この場合は、初めに紹介したルピナス全体の花言葉を、当てはめると問題ありませんよ。

なので贈り物をするときは、全体の意味としていただければと思います!

さて、ここまでルピナス品種や色別での花言葉を見て来ました。

では、なぜかこのような花言葉が付けられたのでしょうか?

これはヨーロッパの昔からの風習や花の特徴が元となっていいます!

せっかくなので次は、ルピナスの花言葉の由来を一緒にチェックしていきましょう!

↓次のページ↓

1 2 3 4 5