八重桜/牡丹桜の花言葉の由来【花見前に知っておきたい3つ意味】

八重桜の名前の由来「そもそも品種では無い」

実は、そもそも「八重桜」って桜の品種の名前じゃ無いんですよ。

八重桜って何枚もの花びらが重なって咲く「八重咲き」の桜を指す総称なんです。

つまり、八重咲きする桜を八重桜と呼ぶということですね。

有名な八重桜の品種は、

  • 関山(カンザン)
  • 普賢象(フゲンゾウ)
  • 八重紅枝垂れ(ヤエシダレ)

などがあります。

八重桜の名前の由来としては「八重咲きしている桜だから八重桜」ということになります。

コト助くん

特定の品種じゃなかったんだ。

 

これからは品種じゃなくて総称だって意外とと知らない人が多いですよね。

知らなくても生きていけるけど、知っておけばいつかは話のネタくらいにはなるからね。


まとめ

コト助くん

さっそく、八重桜の花言葉をおさらいしていこう!
八重桜の花言葉

  1. 豊かな教養
  2. 良い教育
  3. しとやか

花言葉と名前の由来

  1. 校内に植える学校が多いので教育や教養という花言葉になった
  2. 花びら学校に多い=知識が多いという説
  3. 何枚もの花びらが重なって咲く八重咲きの桜だから八重桜
  4. 八重桜は特定の品種ではなく、八重咲きするの桜の総称

八重桜の花言葉は「なんとなくイメージ通りのはなことばだった!」という方が多いかもしれませんね。

あと、八重桜が品種では無く総称だったとは知らない人も多いので、花見ネタのためにメモしておいてください!

1 2 3