桜の花言葉「私を忘れないで」が怖い?品種別の意味も一発チェック!!

桜の花言葉は私を忘れないで?

桜の画像

桜の画像

桜全体の花言葉は、

  • 精神の美
  • 優美な女性
  • 純正

です。

ちなみに、この「精神の美」の由来にアメリカ大統領が関係しています。

この逸話については、後半でお伝えしていくのでお楽しみに。

コト助くん

あれ?でも、「私を忘れないで」って入ってないよ?

確かに、私を忘れないでは入っていませんよね。

でも、これは日本の花言葉ではなく、海外の桜の花言葉で入っているんです。

どこの国か分かりますか?

 

西洋での英語など花言葉

答えはフランスの桜の花言葉で「私を忘れないで」という意味があるんですよ。

私たちにとっては、桜が咲く季節って新たな出会いや旅立ちと言ったイメージですよね。

なので、日本での桜の花言葉はネガティヴではないのかもしれません。

 

しかし、フランスでは桜は綺麗に咲いても、すぐに散っていき寂しく見える特徴を花言葉にしたようです。

つまり、この桜が散っていく様子が、儚い(はかない)ので「すぐに散っても私を忘れないでね」という思いから、この花言葉がつけられたのかもしれませんね。

 

コト助くん

確かに、桜ってすぐ散るしホント儚い花だよな〜

国によって同じ花でも、視点や持つイメージが違うってなんだか不思議ですよね。

また、他にも西洋では英語の花言葉があって、

  • spiritual beauty(精神の美)
  • a good education(優れた教育)

の2つです。

こちらは日本の花言葉と同じイメージから付けられた花言葉ですよね。

 

コト助くん

じゃあ、桜の花言葉が怖いって聞いたことがあるけど、本当なの?
んー、聞いたことがないけどもしかするとあるかもね!

コトハちゃん

というわけで次は、桜の花言葉に怖い意味があるのか?一緒に見ていきましょう!


↓次のページ↓

1 2 3 4 5 6